AWS SDK for PHPでS3を操作する

AWSでは、各種サービスをプログラミング言語から操作するためのSDK(Software Development Kit)が提供されています。

今回は、PHP用のSDKである「AWS SDK for PHP」でS3バケットを操作してみます。


SDKのインストール

SDKはComposerを使ってインストールができます。
GitHubからソースをダウンロードして配置することも可能です。


今回はComposerを使ってインストールしてみます。

コマンドプロンプトで下記のようにコマンドを実行します。
>composer require aws/aws-sdk-php
Using version ^3.100 for aws/aws-sdk-php
./composer.json has been created
Loading composer repositories with package information
Updating dependencies (including require-dev)
Package operations: 7 installs, 0 updates, 0 removals
  - Installing mtdowling/jmespath.php (2.4.0): Downloading (100%)
  - Installing guzzlehttp/promises (v1.3.1): Loading from cache
  - Installing ralouphie/getallheaders (2.0.5): Loading from cache
  - Installing psr/http-message (1.0.1): Loading from cache
  - Installing guzzlehttp/psr7 (1.5.2): Loading from cache
  - Installing guzzlehttp/guzzle (6.3.3): Loading from cache
  - Installing aws/aws-sdk-php (3.100.9): Downloading (100%)
guzzlehttp/guzzle suggests installing psr/log (Required for using the Log middleware)
aws/aws-sdk-php suggests installing ext-sockets (To use client-side monitoring)
aws/aws-sdk-php suggests installing doctrine/cache (To use the DoctrineCacheAdapter)
aws/aws-sdk-php suggests installing aws/aws-php-sns-message-validator (To validate incoming SNS notifications)
Writing lock file
Generating autoload files
これでvendor/autoload.phpをrequireすればSDKを使用することができます。
簡単ですね。

S3にファイルをアップロード

では実際にコードを書いてS3にファイルをアップロードしてみます。

ComposerでSDKをインストールしたディレクトリにupload.phpを作成しました。
<?php
// SDKの読み込み
require 'vendor/autoload.php';
use Aws\S3\S3Client;

// S3設定ファイルの読み込み
$array_ini_file = parse_ini_file('credentials.ini', true);

// S3Clientインスタンスの作成
$s3client = S3Client::factory([
    'credentials' => [
        'key'       => $array_ini_file['ACCESS_KEY'],
        'secret'    => $array_ini_file['SECRET_ACCESS_KEY'],
    ],
    'region' => 'ap-northeast-1',
    'version' => 'latest',
]);

// ローカルにファイル作成
$file    = date('YmdHis') . '.txt';
$content = <<< EOF
hoge
ふが
EOF;
file_put_contents($file, $content);

// S3にアップロード
$result = $s3client->putObject([
    'ACL'           => 'public-read',   // ACLを指定する場合、ブロックパブリックアクセスはすべてオフにする
    'Bucket'        => $array_ini_file['BUCKET_NAME'],
    'Key'           => 'test.txt',
    'SourceFile'    => $file,
    'ContentType'   => mime_content_type($file),
]);

// 結果を表示
echo('<pre>');
var_dump($result);
echo('</pre>');

IAMユーザーのクレデンシャルとバケット名は同一の階層にcredentials.iniというファイルを作って外出ししています。

これを実行すると…

ちゃんとS3にファイルがアップロードされました!

S3からファイルをダウンロード

今度は、S3にアップロードしたファイルをローカルにダウンロードしてみます。

同じ階層に今度はdownload.phpを作成します。
<?php
// SDKの読み込み
require 'vendor/autoload.php';
use Aws\S3\S3Client;

// S3設定ファイルの読み込み
$array_ini_file = parse_ini_file('credentials.ini', true);

// S3Clientインスタンスの作成
$s3client = S3Client::factory([
    'credentials' => [
        'key'       => $array_ini_file['ACCESS_KEY'],
        'secret'    => $array_ini_file['SECRET_ACCESS_KEY'],
    ],
    'region' => 'ap-northeast-1',
    'version' => 'latest',
]);

// S3からダウンロード
$result = $s3client->getObject([
    'Bucket' => $array_ini_file['BUCKET_NAME'],
    'Key'    => 'test.txt',
]);

// 結果を表示
header("Content-Type: {$result['ContentType']}");
echo $result['Body'];

ダウンロードしたファイルの情報は$resultに格納されています。
これをファイルに書き出して保存することもできますし、そのままレスポンスに出力することもできます。

今回はレスポンスに出力しています。

アップロードしたファイルの内容が出力されています!

思った以上に簡単にS3へのアップロードとダウンロードが実装できました。

もっとSDKを使いこなしてAWSのサービスを生かしたWebアプリを作ってみたいなー。