Vue.jsのプロジェクトにaxiosの共通モジュールをプラグインとして作成する

axiosの共通設定をNuxt.jsみたいにプラグインとして使えるようにする手順です。
大体どんなプロジェクトでも使いそう。

まずvue-cliでVue.js 2系のデフォルトのプロジェクトを作ります。

そしてaxiosをプロジェクトにインストール。
$ npm install axios --save
プラグイン用のディレクトリを切ってaxiosのプラグインを作成します。
import axios from "axios"

const AxiosPlugin = {}

AxiosPlugin.install = function (Vue) {
  Vue.prototype.$axios = axios.create({
    baseURL: "https://jsonplaceholder.typicode.com/",
//    baseURL: process.env.VUE_APP_API_BASE_URL, .envファイルにURLを持たせた方がエンドポイントの切り替えに便利
    headers: {
      'Content-Type': 'application/json'
    },
    responseType: 'json',
    timeout: 3000
  })

  // リクエストログ
  Vue.prototype.$axios.interceptors.request.use(
    function (config) {
      console.info(config)
      return config;
    },
    function (error) {
      console.error(error)
      return Promise.reject(error);
    }
  )

  // レスポンスログ
  Vue.prototype.$axios.interceptors.response.use(
    function (response) {
      console.info(response)
      return response;
    },
    function (error) {
      console.error(error)
      return Promise.reject(error);
    }
  )
}

export default AxiosPlugin;
デフォルトのaxiosの設定とリクエストとレスポンスのログを自動で吐いてくれるようにしています。

あとはこれをmain.jsで読み込むだけで「this.$axios」の形でaxiosのインスタンスが使えるようになります。
import Vue from 'vue'
import App from './App.vue'

// プラグインの読込
import AxiosPlugin from './plugins/axios';
Vue.use(AxiosPlugin)

Vue.config.productionTip = false

new Vue({
  render: h => h(App),
}).$mount('#app')
動作確認のためにApp.vueを編集して簡単な画面を作ってみます。
<template>
  <div id="app">
    <input v-model="id" placeholder="id">
    <button @click="getUser(id)">getUser</button>
    <p>{{name}}</p>
  </div>
</template>

<script>
export default {
  data () {
    return {
      id: "",
      name: "",
    }
  },
  methods: {
    getUser: function (id) {
      this.$axios
        .get("users/" + id)
        .then(response => {
            this.name = response.data.name
        })
        .catch(err => {
          console.error(err)
        })
    }
  }
}
</script>
APIが呼べてリクエスト、レスポンスのログがしっかり吐かれています。